忍者ブログ
東京造形大学フォルクローレクラブのブログです。南米の民俗音楽「フォルクローレ」を演奏する私達の活動を載せていきます。
[33] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [21] [20] [19]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、チャランゴOGの墨桜です。
卒業しても私はブログに出没するよ!^p^

本当は新入生の皆にも直接教えられればいいのですが、
あまり学校に行けないので言葉で伝えられる演奏ポイントなどをここで発信していこうかと思います。
出来るだけ分かりやすく!をモットーに。

私はチャランギートなので、主にチャランゴを。
時々他の楽器のことも解説すると思います。

まず、この前「この楽器って難しいですか?」という質問をよくされたのですが・・・
難しいと感じるかどうかは人それぞれですし、やりたいという思いが強ければ出来るようになります!
だからそんなに身構えなくて大丈夫です。やりたいと思ったら迷わずチャレンジしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
では本題です。
今回は1回目ということで、
コードって何?というところから説明していきたいと思います。

コードとは、簡単に言うと弦楽器での和音のことです。
コードの表記はアルファベットで、音とセットにして覚えましょう。
アルファベットは、ドレミとこのように対応しています。

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド
C D E F G  A  B  C

ちなみに、和音には必ずその音が含まれています。
C:ドミソ
D:レファ#ラ
E:ミソ#シ
F:ファラド
G:ソシレ
A:ラド#ミ
B:シ♭(ラ#)レファ#

ここを押さえると このコードで この音がする
この3つをセットにして覚えましょう。

チャランギート志望の人は、まずDとGのコードを押さえられるようになりましょう。
このコードは頻出なのに難しい押さえ方をします。
最初は手が痛いと思いますが、慣れてきたらうまく押さえられるでしょう。頑張れ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初回はこんな感じです。
もし他にも聞きたいことがあったら、どんどんコメントしてください。

それでは、また次回。

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
プロフィール
HN:
東京造形大学フォルクローレクラブ
性別:
非公開
自己紹介:
東京造形大学フォルクローレクラブのブログです。
2011年10月29日発足。(ブログが)
演奏依頼などありましたらメールかコメントにてご連絡を。
カウンター
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[12/26 geRoesonqnp]
[12/25 geRoesonngx]
[04/12 NONAME]
[04/09 OBです。]
[10/18 瑳蘭]
ブログ内検索
バーコード
メール
フォルクローレクラブへのご連絡はこちらからどうぞ。
最新TB
フリーエリア
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 東京造形大学フォルクローレクラブ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]